他とは違うヘブンズシートのコダワリ

生産工場直販システムにより、多くの人々にカスタムする楽しさを届けたい想いで情熱と技術のすべてを注ぎ高品質でありながら低価格を実現! 有名パーツメーカーの生産を手掛ける当社が新商品を開発!この機会にぜひ実際に手にとってご堪能ください!!

座り心地が違う!

当社のウレタンフォームはバイクメーカーの純正シートを製造している工場で生産しております。長年のノウハウと当社の研究開発により座り心地やフィット感を追求した仕上がりとなっております。また、レザーの裏地にも10mmのスポンジが貼られているため、ローダウンシートでは体感できなかった柔らかい座り心地となっています。



いつまでも型崩れしない!

張り替えシートとは違い、シートベースとウレタンフォームを一体成型しているため、経年の劣化によるスポンジの収縮や型崩れがほとんどありません。また、レザーの裏地にも伸縮性抜群のスポンジが貼られているため、経年の使用によるシートのたるみや皺ができにくくなっております。


業界初!低反発フォーム入り!!

座り心地を追求するあなたにはピッタリです。シートのボリュームが厚くなるのでタックロールやダイヤデザインのモコモコ感がより強調されます!ロングツーリングに相性抜群です!


>>低反発シートの詳細はコチラ

さわればわかるレザーの質感

当社のレザーは純正シートなどに使用されるレザーと違い、ソファーなどに使用される高級レザーを使用しておりますので、表皮の質感などはレザー特有の光沢を発した高級な仕様となっております。また、純正シートなどで使われるレザーと違い、当社では、厚さ約1.2mmのレザーを使用しておりますので、抜群の耐久性となっております。


一切の妥協を許さない徹底した品質管理

難易度の高い薄肉、厚肉整形にも対応
バラつきの少ない高精度な整形
高精度な多数個取りに対応

製品の抜き打ち検査を実施しております。

耐久性に優れたレザー表皮を使用。撥水性効果もありシートベースには軽量で頑丈な強化FRPを使用していますのでシートが届いたらすぐに取付けできます。

シートの座り心地はやはり中身(ウレタン)で決まります。中のウレタンのみを実績ある工場から仕入れ、ベースのFRP/表皮の張り/組み立てを自社製作する事で高品質、低価格に成功。

いつでも笑顔でバイクライフを楽しんでいただける、安心のシートが完成しました。

ヘブンズシートのエナメルレザー

ヘブンズシートに使われているエナメルレザーは国産生地を使用!


国産生地のエナメルレザーはシート以外にもソファーに使用されるなど多用途に使われています。 そのため、海外製のエナメルレザーとは違い、エナメル皮の層も厚い上にレザーの伸縮に対応したメリヤスス裏地になっているので、海外製のエナメルレザーにはありがちな表皮の破れや裂け、下地の透け等も起こりにくくなっており、表面は高級感あふれるエナメルの上質な光沢があり、そのうえ耐久性も非常に優れています。





ヘブンズシートの低反発シート

米国のNASAが開発したスポンジの一種でウレタン素材により寝具・クッションなどに一般利用され普及した低反発をバイクのシートに取り入れたのはバイク業界としては初の低反発フォーム入りソロシートを発売し反響を呼びました。


低反発シートはココが違う!

通常のノーマルシートの場合、地面から受ける衝撃がほぼ、そのまま体に伝わってきますが、力を入れるとゆっくり沈み、手を離すをゆっくり戻るという低反発マットレス独特の感触をシートに取り入れることによって地面からの衝撃を吸収し体への負担を軽減してくれます!


ノーマルシートと低反発シートの比較



低反発フォームの厚さ

大きな違いとして低反発シートには厚さ約1.5〜2.0cmのウレタンフォームが入っています。ノーマルシートにはスポンジのみになりますのでこの低反発のウレタン部分が厚みを増します。ボリューム感もアップし低反発の吸収力によって衝撃を和らげます。


ツーリング時などにも腰痛に良い?

ツーリングは走行時間と慣れない道路を多く走るため路面からの突き上げが強い時などお尻や腰が痛くなってきますし、長時間の走行で血流が悪くなりしびれや痛みがひどくなります。(ロングツーリングやローダウンシートの装着しているバイクに多い傾向です。)特に腰痛持ちの方は腰への負担がきつい状態が続きます。低反発を入れた場合、その割合がかなり軽減されます。またお勧めしているのはヘブンズシートにはダイヤやタックロールといったデザインタイプがあります。ボリューム感もあり、凹凸のあることでより体とシートの衝撃部分が吸収され心地よいツーリングが楽しめます。


ヘブンズ低反発仕様のシート一覧

下記のシート以外にも低反発を入れることもできます。また本革には入れることができないためシートによっては難しい場合がございますので一度お問い合わせください。